ホーム » 未分類 » 危険なお客様に遭遇

危険なお客様に遭遇

風俗初心者の女性が働きやすい業種として、「デリヘル」という業種が存在してきます。
なぜ働きやすいかといえば、それはやはり店舗数がダントツで多い業種となるからなのです。
それだけ働きやすいお店を探す選択肢が増えるということです。
とはいえ、結局のところそこは風俗店になりますので、100パーセント安全で働けるということは皆無といっていいでしょう。
少なからず、何かしらの危険というものが潜んでいるものです。

ですので、風俗業界初心者の女性が風俗店で働く際、それなりの危険を知っておくというのも対処の一つでもあると思われます。
ソープランドや箱型ヘルスなどの店舗型のお店の場合は、男性スタッフが近くにいるので呼べばいいだけですが、デリヘルやホテルヘルスといった派遣型の風俗店の場合は助けを呼ぶことができません。
そういった危険な場面に遭遇した際の対処法にはどういったことがあるのでしょうか。
まず、危険な目に遭わせる側のお客様にはどういったお客様がいるのか気になるところでもあります。
まず、暴力的なお客様というのがいます。
力づくで本番強要しようとしてくる人などのような暴力を振るうお客様もたまに存在し、中にはナイフなどの凶器で脅す危険すぎるお客様も決してゼロではないというのです。

後、自宅に派遣されたら他の部屋に何人か隠れていて、輪姦されそうになったという女性もいるようです。
部屋に入るときに複数人いそうな気配がしたら警戒するように心掛ければいいのですが、結局のところ複数の男性に襲われたら何も抵抗ができないというのも現状であります。
最後に、違法な薬物を使用している人、しているかのように言動がおかしい人もお客様として来る可能性は大いにあるのです。
この様なお客様は、女性にも薬物を使うように強要してくる可能性もあるので注意です。
お客様自身が至って普通であっても、何かを混入されている可能性もありますので十分に気をつけた方がいいでしょう。

こういったような身の危険を感じるようなお客様に遭遇してしまった場合、まず逃げる事を考えるのが先決です。
お店に電話をして助けに来てもらおうなどと考えず、真っ先に部屋から出ることを心掛けるのです。
電話してすぐにスタッフやドライバーが来てくれる訳ではないですし、電話している姿を見て焦って強硬手段に出るお客様もいるかもしれません。
部屋から少し離れた所まで移動し、安全を確認してからお店に電話して対応してもらうのが一番なのです。