ホーム » 未分類 » 抱き合わせ求人に注意

抱き合わせ求人に注意

今現在、風営法の改正に伴い「デリヘル」という風俗店がかなりの勢いで人気が高いとされています。
この世の中には需要と供給というものがあるように、風俗店も利用するお客様が多いとなれば自ずと接客する側の女性の数も多くなるというのが自然の流れでもあります。
ですので、高収入を求めて風俗店で働こうと考える女性にとって、真っ先に挙げられてくる業種がデリヘルということも自然な流れでもあるのです。

日本にある風俗店の3分の2はデリヘル店だといわれているのですが、もちろんのこと全部が全部優良なお店ではありません。
せっかく風俗業界に飛び込んできたのですから、楽しく何のストレスもなく働きたいものです。
そこで、風俗店で働こうと考えたとき、まず求人サイトや求人雑誌などを見て働くお店を探すことだと思われます。
そこで注意が必要になるのですが、最近は「抱き合わせ求人」というのが増えてきているのです。
そもそも、抱き合わせ求人というものは何なのでしょうか。
求人サイトで見つけた待遇の良いお店に面接に行ったとき、他のグループ店に在籍するように勧めてくる場合があります。
このときに勧められるお店は激安デリヘルやハードプレイデリヘルなどで、普通に求人を出すと女性が集まらない様な劣悪な環境のお店となっているのです。

まず、面接官は両方のお店に在籍した方がたくさんお客様に着けるから稼げると説得してきます。
しかし、実際にお客様が着くのは待遇の悪いお客様のお店ばかりになります。
本来働きたかった待遇の良いお店には程遠いようなお店になるのです。
こういった抱き合わせ求人に騙されない方法としましては、待遇の良すぎる求人を信じないというのがまずあります。
求人サイトなどでよく見かける、「入店祝い金30万円支給」や「日給保証5万円支給」といった待遇で女性を雇うお店なんてまずありません。
風俗という仕事の給料相場を知るという事は、身を守るうえで大切な事となります。
とはいえ、待遇の良い求人をすべてスルーしてしまうのももったいないと感じます。
基本的に短期間でたくさんのお金を稼ぐには待遇が良くないと無理ですから、自分の意見がハッキリと言える人は面接に行ってみてもいいでしょう。

そのときに、「他のグループ店にも在籍すれば稼ぎやすくなります」などと提案されたら抱き合わせ求人と判断して断ればいいのです。
面接で強引に迫られたときに断る自信がない人は、ファッションヘルスやソープランドなどの店舗型のお店に面接に行くのが無難なことかもしれません。
実際の建物がないと営業できないお店ですので、ダミー店舗を作る事もできないからです。
最近では、面接で最初から安いお店を紹介するのではなく、まず1週間ほど高いお店に在籍させてお客様が少なく稼げない状態を作ってから同時在籍を勧めてくる場合もあるそうですので、面接だけではわからない場合もあるということだけは頭に入れておいた方がいいでしょう。