ホーム » 未分類 » シャワーを拒否される

シャワーを拒否される

風俗店に来店されるお客様には色々な人が存在してきます。
初心者の女性の場合、きちんとした紳士的なお客様なら何の問題もないのですが、全員が全員そういったお客様ばかりではないというのが現実でもあります。

その中に、シャワーを浴びたがらないという少し厄介なお客様というのが存在します。
「シャワーは先に浴びておいたから大丈夫」、と言ってプレイ前のシャワーを拒否してくるような感じのお客様のことです。
拒否の理由は、「シャワー時間を減らして少しでもプレイ時間を長くしたい」か「洗っていない体を舐めさせたい」のどちらかになります。
少しでもプレイ時間を長くしたいという気持ちはまだわからなくもないですが、洗っていない体を舐めさせたいという気持ちにはどうしても解せない部分があると思われます。
こんな事をして何が楽しいのかわかりませんが、高級ソープなどでは即尺があるのが普通なので男性にとって何か興奮する要素があるのでしょう。

そもそも、プレイ前のシャワーは体を洗うだけでなくて、イソジンでうがいをしたりグリンスで性器を消毒するのも目的です。
そこで、一緒に浴びたがらないお客様に遭遇してしまったらどのように対応すればいいのでしょうか。
やはり、一番効果的なのはサービスを一切提供しないと宣言することではないかと思われます。

たとえば、「一緒にシャワー浴びてくれないとプレイが始められません」、「歯磨きしてイソジンでうがいしてくれないとキスできません」、「手を消毒させてくれないと体を触らせません」、「グリンスで洗わせてくれないと口でのサービスはなしです」、といった感じでハッキリとサービスをしない宣言をすればいいのです。
お客様も最初は「自分で浴びたから平気」などと拒否してくると思いますが、「早くシャワーを浴びないとプレイ時間なくなります」、と何度も繰り返して根気よく説得するのです。
そうすれば、大体のお客様は女性の言うことを聞いて素直に応じてくれるはずです。

とはいえ、こういったようにハッキリと言えない女性も中にはいることでしょう。
ですが、自分の身体を守れるのは自分だけですので、頑張って自分の意見を言うようにするしか方法はないように感じます。
それと、ハッキリと意見を言い過ぎたせいでクレームにならないかと考える女性もいると思われます。
確かに、実際にプレイ終了後にクレームを入れるお客様はいますが、事情を話せばお店のスタッフも納得してくれるので何の問題もありません。
仮に、お客様の味方となり女性を注意してくるお店だったらすぐに辞めればいいのです。
そもそも、働く女性を守れないお店というのは絶対に良いお店ではないからです。