ホーム » 未分類

未分類」カテゴリーアーカイブ

シャワーを拒否される

風俗店に来店されるお客様には色々な人が存在してきます。
初心者の女性の場合、きちんとした紳士的なお客様なら何の問題もないのですが、全員が全員そういったお客様ばかりではないというのが現実でもあります。

その中に、シャワーを浴びたがらないという少し厄介なお客様というのが存在します。
「シャワーは先に浴びておいたから大丈夫」、と言ってプレイ前のシャワーを拒否してくるような感じのお客様のことです。
拒否の理由は、「シャワー時間を減らして少しでもプレイ時間を長くしたい」か「洗っていない体を舐めさせたい」のどちらかになります。
少しでもプレイ時間を長くしたいという気持ちはまだわからなくもないですが、洗っていない体を舐めさせたいという気持ちにはどうしても解せない部分があると思われます。
こんな事をして何が楽しいのかわかりませんが、高級ソープなどでは即尺があるのが普通なので男性にとって何か興奮する要素があるのでしょう。

そもそも、プレイ前のシャワーは体を洗うだけでなくて、イソジンでうがいをしたりグリンスで性器を消毒するのも目的です。
そこで、一緒に浴びたがらないお客様に遭遇してしまったらどのように対応すればいいのでしょうか。
やはり、一番効果的なのはサービスを一切提供しないと宣言することではないかと思われます。

たとえば、「一緒にシャワー浴びてくれないとプレイが始められません」、「歯磨きしてイソジンでうがいしてくれないとキスできません」、「手を消毒させてくれないと体を触らせません」、「グリンスで洗わせてくれないと口でのサービスはなしです」、といった感じでハッキリとサービスをしない宣言をすればいいのです。
お客様も最初は「自分で浴びたから平気」などと拒否してくると思いますが、「早くシャワーを浴びないとプレイ時間なくなります」、と何度も繰り返して根気よく説得するのです。
そうすれば、大体のお客様は女性の言うことを聞いて素直に応じてくれるはずです。

とはいえ、こういったようにハッキリと言えない女性も中にはいることでしょう。
ですが、自分の身体を守れるのは自分だけですので、頑張って自分の意見を言うようにするしか方法はないように感じます。
それと、ハッキリと意見を言い過ぎたせいでクレームにならないかと考える女性もいると思われます。
確かに、実際にプレイ終了後にクレームを入れるお客様はいますが、事情を話せばお店のスタッフも納得してくれるので何の問題もありません。
仮に、お客様の味方となり女性を注意してくるお店だったらすぐに辞めればいいのです。
そもそも、働く女性を守れないお店というのは絶対に良いお店ではないからです。

危険なお客様に遭遇

風俗初心者の女性が働きやすい業種として、「デリヘル」という業種が存在してきます。
なぜ働きやすいかといえば、それはやはり店舗数がダントツで多い業種となるからなのです。
それだけ働きやすいお店を探す選択肢が増えるということです。
とはいえ、結局のところそこは風俗店になりますので、100パーセント安全で働けるということは皆無といっていいでしょう。
少なからず、何かしらの危険というものが潜んでいるものです。

ですので、風俗業界初心者の女性が風俗店で働く際、それなりの危険を知っておくというのも対処の一つでもあると思われます。
ソープランドや箱型ヘルスなどの店舗型のお店の場合は、男性スタッフが近くにいるので呼べばいいだけですが、デリヘルやホテルヘルスといった派遣型の風俗店の場合は助けを呼ぶことができません。
そういった危険な場面に遭遇した際の対処法にはどういったことがあるのでしょうか。
まず、危険な目に遭わせる側のお客様にはどういったお客様がいるのか気になるところでもあります。
まず、暴力的なお客様というのがいます。
力づくで本番強要しようとしてくる人などのような暴力を振るうお客様もたまに存在し、中にはナイフなどの凶器で脅す危険すぎるお客様も決してゼロではないというのです。

後、自宅に派遣されたら他の部屋に何人か隠れていて、輪姦されそうになったという女性もいるようです。
部屋に入るときに複数人いそうな気配がしたら警戒するように心掛ければいいのですが、結局のところ複数の男性に襲われたら何も抵抗ができないというのも現状であります。
最後に、違法な薬物を使用している人、しているかのように言動がおかしい人もお客様として来る可能性は大いにあるのです。
この様なお客様は、女性にも薬物を使うように強要してくる可能性もあるので注意です。
お客様自身が至って普通であっても、何かを混入されている可能性もありますので十分に気をつけた方がいいでしょう。

こういったような身の危険を感じるようなお客様に遭遇してしまった場合、まず逃げる事を考えるのが先決です。
お店に電話をして助けに来てもらおうなどと考えず、真っ先に部屋から出ることを心掛けるのです。
電話してすぐにスタッフやドライバーが来てくれる訳ではないですし、電話している姿を見て焦って強硬手段に出るお客様もいるかもしれません。
部屋から少し離れた所まで移動し、安全を確認してからお店に電話して対応してもらうのが一番なのです。

抱き合わせ求人に注意

今現在、風営法の改正に伴い「デリヘル」という風俗店がかなりの勢いで人気が高いとされています。
この世の中には需要と供給というものがあるように、風俗店も利用するお客様が多いとなれば自ずと接客する側の女性の数も多くなるというのが自然の流れでもあります。
ですので、高収入を求めて風俗店で働こうと考える女性にとって、真っ先に挙げられてくる業種がデリヘルということも自然な流れでもあるのです。

日本にある風俗店の3分の2はデリヘル店だといわれているのですが、もちろんのこと全部が全部優良なお店ではありません。
せっかく風俗業界に飛び込んできたのですから、楽しく何のストレスもなく働きたいものです。
そこで、風俗店で働こうと考えたとき、まず求人サイトや求人雑誌などを見て働くお店を探すことだと思われます。
そこで注意が必要になるのですが、最近は「抱き合わせ求人」というのが増えてきているのです。
そもそも、抱き合わせ求人というものは何なのでしょうか。
求人サイトで見つけた待遇の良いお店に面接に行ったとき、他のグループ店に在籍するように勧めてくる場合があります。
このときに勧められるお店は激安デリヘルやハードプレイデリヘルなどで、普通に求人を出すと女性が集まらない様な劣悪な環境のお店となっているのです。

まず、面接官は両方のお店に在籍した方がたくさんお客様に着けるから稼げると説得してきます。
しかし、実際にお客様が着くのは待遇の悪いお客様のお店ばかりになります。
本来働きたかった待遇の良いお店には程遠いようなお店になるのです。
こういった抱き合わせ求人に騙されない方法としましては、待遇の良すぎる求人を信じないというのがまずあります。
求人サイトなどでよく見かける、「入店祝い金30万円支給」や「日給保証5万円支給」といった待遇で女性を雇うお店なんてまずありません。
風俗という仕事の給料相場を知るという事は、身を守るうえで大切な事となります。
とはいえ、待遇の良い求人をすべてスルーしてしまうのももったいないと感じます。
基本的に短期間でたくさんのお金を稼ぐには待遇が良くないと無理ですから、自分の意見がハッキリと言える人は面接に行ってみてもいいでしょう。

そのときに、「他のグループ店にも在籍すれば稼ぎやすくなります」などと提案されたら抱き合わせ求人と判断して断ればいいのです。
面接で強引に迫られたときに断る自信がない人は、ファッションヘルスやソープランドなどの店舗型のお店に面接に行くのが無難なことかもしれません。
実際の建物がないと営業できないお店ですので、ダミー店舗を作る事もできないからです。
最近では、面接で最初から安いお店を紹介するのではなく、まず1週間ほど高いお店に在籍させてお客様が少なく稼げない状態を作ってから同時在籍を勧めてくる場合もあるそうですので、面接だけではわからない場合もあるということだけは頭に入れておいた方がいいでしょう。